山スキーくらくら大滑降(白馬乗鞍・雪倉岳)

雪倉岳の滑降(左より薫さん・パルプさん・あめのうお・伊能さん)

今年の正月に山スキーを遂に購入(^O^) 早く山へスキーを持って行きたいと思いながらも、 山スキーデビューがなかなか実現できなかったのですが、 囲炉裏の伊能さん・パルプさん・薫さんのご協力を得て、 ようやくデビューしてきました。
ゲレンデを飛び出し雄大な景色の中で滑るスキーは 「これがスキーだったのか!」とスキーの概念を大きく変わりました。

【日 付】 2002年4月27日(土)〜29日(月)
【山 名】 白馬乗鞍岳・雪倉岳
【山 域】 後立山連峰
【地 図】 1/25000 白馬岳
【ルート】 =乗物  〜歩き  ・・・滑降
      27日:栂池スキー場=栂の森ロープウェイ終点〜天狗原〜白馬乗鞍岳・・・天狗原
      ・・・振子沢〜蓮華温泉小屋
      28日:蓮華温泉小屋〜瀬戸川渡渉点〜雪倉岳・・・瀬戸川渡渉点 〜蓮華温泉小屋
      27日:蓮華温泉小屋〜天狗原・・・栂池スキー場           
【天 候】 3日間とも晴
【メ ン ゙ー】 4人(伊能さん・薫さん・パルプさん・あめのうお)


■4月26日(金)
前夜に大阪を出発し、2時に小谷村の道の駅「深山の湯」に幕営。 一眠りというか一宴会してから栂池スキー場へ車を走らせる。

■4月27日(土) (1日目と3日目のGPS軌跡はこちら
8時25分 栂池スキー場
ゴンドラ乗り場手前の駐車場(駐車料金1500円/3日) に車を停め出発。後で知ったのだが、ゴンドラ中間駅に車を停めるのは無料だそうだ。 連休期間中はゴンドラより上にある自然園までのロープウェイも動いているという事で、 一気に自然園がある標高1800mまで登ってしまった(^O^)ラッキー

9時20分 栂池自然園
ロープウェイを下りて、日焼け止めの化粧をしていよいよ登坂開始〜〜〜〜
天狗原へ向かう急登を登る。 沢山の登山者が登っているし、天狗原が見えているので 道は間違える事はないが・・・・シンドイ! 急登になると真っ直ぐに登れなくなりジグザグに登る。 ここ最近の運動不足と慣れない雪の登坂に体が悲鳴を上げている。 しかし薫さんがやけに元気である。(^O^)

10時40分 天狗原
急斜面を登りきると一面雪原となっている天狗原へ着いた。 ヘリスキーはこの天狗原まで登ってくるようで、 ヘリ(ベリとちゃうよ(^_^;)で登ってきたスキーヤーもたむろして、絶景に感激している。
ここから見る白馬乗鞍岳は本当に素晴らしい。 甲子園球場が1000個も入るような大斜面が拡がっている。
荷物をデポし白馬乗鞍岳へ登る。 急傾斜が続き、仰ぎ見るような山頂へ一歩一歩登っていく。 ハイマツ帯は雪の下がスカスカになっていて、 歩いていると突然「ズボッ」と腰までハマッテしまう。 これを這い出すのに滅茶苦茶苦労した。

11時55分 乗鞍岳山頂 と思ったらここは三角点。もう少し西南へ歩いた所にケルンのある山頂があった。 ガスが出たり消えたり白馬岳方面もガスで見えない。

12時46分 白馬乗鞍岳滑降
いよいよ、待ちに待ったダウンヒルなのである。(^O^)
なだらかな斜面をゆっくり滑り出す。 雪質はザラメっぽくても軽く、エッジングで雪がザァーっと飛ぶ。 春スキーだから重い雪と思っていたが全く違うじゃないの〜 「うひょぉ〜気持ちイイ〜〜〜」と思わず声が出る。 急斜面のある壁に滑り込み、あえぎながら登っているスキーヤーの横を 歓声をあげながら気持ちよく滑り下りていく。 最後の壁を直滑降の猛スピードで天狗原へ。 アッという間の白馬乗鞍ダウンヒルであった。\(^o^)/

13時55分 振子沢へ
白馬乗鞍岳東面の振子沢へ滑り下りる。 これまた気持ちの良い樹林帯の斜面を滑り降りる。 ダケカンバの巨木や栂の間を縫って滑るスキーも気持ちよい(^O^) ただ残念な事にガスで前がよく見えず、伊能さんのGPSを頼りに少しづつ降りる。 所々ツアーコースを示す赤いペイントがあるが霧が濃くってなかなか見つけづらい。 標高を下げるにつれガスは晴れだすが、雪質が悪くなり次第にタテ溝がでてくる。 ターンが思うように出来なく非常に滑りにくい状態。 川に埋まった雪の上を滑るようになると、斜面を落ちないように トラバーズする箇所が多くなる。 凹状の沢を左右に振りながら滑り降りると、まぁ滑れる。 だから振子沢という名前が付いたのだろうか。 湿原のような所を通過し、しばらく滑ると林道に突き当たる。 ここで雪が積もって凸状になった恐ろしい橋があった。 落ちたら・・・(><)

14時30分 蓮華温泉
林道を滑り乗鞍沢に架かる橋を渡ると蓮華温泉ロッジに到着。 伊能さんが予め予約をしていてくれたので、4人だけで1号室を貸し切りとなる。 直ぐに宿泊の手続きを済ませて、露天風呂「仙気の湯」でビールで乾杯!

蓮華温泉キャンプ場からの雪倉岳大斜面


■4月28日(土) 雪倉岳往復 (GPS軌跡はこちら

6時20分 蓮華温泉出発
朝食は小屋でしっかり取る。 兵馬平まで下るルートは取らずに、標高を下げないようGPSを頼りにトラバースを 続け、小蓮華沢渡渉点まで行くルートを選定。 朝一のアイスーバーンを滑り降り、尾根を乗り越えるとキャンプ場に出た。 大きな雪倉岳の姿が綺麗に見える。「あそこまで登るのかよぉ〜」という感想(^_^;) 何本もの沢をトラバースし訳がわからなくなるところを、 進むべき方角をしっかり表示してくれている。流石はGPSと伊能さんだ! 小蓮華沢の音が前方から聞こえてくると、渡渉点までスキーで下る。 途中夏道の道標があった。しかしデーンと見える雪倉岳には圧倒される。






8時00分 小蓮華沢渡渉点
激流が流れる上に架かるスノーブリッジを越える。 見上げる雪倉岳の斜面にはもう何人かが取り付いている。
いよいよ標高差1100mの始まり始まり。 ただ黙々とひたすら登る・・・登る・・・・登る。 薫さんはペンギンのように急斜面を真っ直ぐに登って行く、 パルプさんはジグザグに登る、伊能さんはジグザグに登ったり真っ直ぐ登ったり。 ここ最近の運動不足が堪える。汗が噴き出し、意識がもうろうとする。

雪倉岳への登り

「雪倉の滝」のちょっと上で尾根を越え「雪倉の滝」の沢筋へ入る。 ここは帰りにそのまま滑って行くと滝なので、尾根を間違えないよう注意が必要。 益々斜面は急になり、登っても登っても急斜面は続く。 一歩一歩足を出すのが辛い。2300mを越えたあたりから頭が痛くなってきて、 激しい眠気がする。少し歩いては停まる、気が付くと目をつぶって寝ている。 高度順応は比較的できると思っていたが、どうしてしまったんだろう。 これ以上登れるのかどうか自信がなくなってきた。 伊能さんとパルプさんには一応登れなければ、待ってると伝えておく。 途中右の斜面で2m幅程の極小規模な雪崩が発生したが、それを見て怖くなった。 あのハイマツのある所までなんとか登ろうと、必死に足を動かすが直ぐに停まる。 情けない・・・・
ようやくハイマツがある風を防げる所まで来た。今思えば山頂は直ぐそこであったが その時は遠く見えた。そのまま仰向けにゴロンとなる。 青空が凄く綺麗だ・・・・いつの間にか眠ってしまった。 フッと気が付くと自分が何処で何をしているのか分からない! 辺りを見渡し、雪の斜面を見て、とんでもない所にいることを思い出した(^O^)
12時30分・・・・・・あっ「シマッタ」寝過ぎである(゚-゜)\バキ
暖かいコーヒーを入れる。この時飲んだコーヒーが滅茶苦茶上手かった。 雪倉岳大斜面の真ん中で寝覚めのコーヒーも洒落てるんちゃうのと、 無理矢理納得する(^O^)

「ヒャッホー」と歓声が聞こえるので上を見るとスノーボーダーが 滑り降りてきた。カッコイイ!
暫くすると見覚えのある3人組が山頂からするすると滑り出した。 あっ伊能さん・パルプさん・薫さんだ。気持ち良さそうである。 アッという間に私の前まで滑ってきた。
「あめちゃん何してんのぉ〜」 「バテて・・・・・寝てしまいましたf^_^;ポリポリ...」
ようやく登って来た斜面を滑り降りる。 斜面・景色・雪質申し分ない環境に「ヒャッホー」「ひょえぇぇぇ〜」 「うひょぉぉぉぉぉ〜」と歓声をあげながらターンを繰り返す。 登るのに難儀した急斜面も滑る時は快適である。 もったいないので休憩しもって、写真を撮りながら降りるが、 小一時間で小蓮華沢渡渉点に着いてしまった。

14時00分 小蓮華沢渡渉点
朝に来た道を何度も沢をトラバースし蓮華温泉へ戻る。 こういうケースではGPSが朝の通過点を覚えていて非常に便利だ。 こんなに長い時間スキー靴を履いたのは初めてで足がボロボロ!

16時00分 蓮華温泉ロッジ
よううやく小屋の姿が見えた時は本当に嬉しかった。 この後に飲んだビールの味は忘れられない(^O^)

■4月29日(日)
5時18分 蓮華温泉ロッジ
モルゲンロードで赤く染まる朝日岳を眺めながら出発。 滑り降りた振子沢を登り返す。凍った雪に心地よくアイゼンが効く。 残り100mの登りをシール登坂で登るが、これが上手い具合に いかない。一生懸命登ってるのにアイスバーンで滑り落ちてしまう。 上から伊能さんの笑い声が聞こえる(^_^;) もう途中からはカニ足で登るが、コレがしんどかったぁ。 斜面を登り上がると・・・・左に日本海から妙高・志賀高原 右に白馬乗鞍から白馬鑓・五竜岳・鹿島槍、素晴らしい景色だ。 こんな景色の天狗原をシールを効かしてパコパコ歩いていると、 真っ青な空に飛行機雲が一本グングン延びていく。 マイルドセブンの広告のようである。(^O^)


8時30分 天狗原

天狗原にて

雪が柔らかくなるまで、 素晴らしい景色を眺めながらパルプさんのコーヒをいただく。旨い! ヘリが何回も飛んできて、お客さんを下していく。 結構乗る人がいるものだ。

自然園への滑りは丁度雪が融けだし快適に滑れる。 薫さんがギャラリーが来るまで滑るのを待とうという。 「ギャラリー?」 ヘリコプターが飛んでくると「今だ!」と薫さんが滑り出す。 なるほど(^O^)

9時40分  ゴンドラ終点
自然園から長い林道を滑り、栂池スキー場の最後の斜面を 滑り降りてゴンドラ乗り場に辿り着く。 こうして初めての山スキーを終えたが、今までのスキー概念を 大きく変える山行になりました。また行きたいと思っていますが シーズンも終了かなぁ〜 伊能さん、パルプさん、薫さんありがとうございました。 しかし雪倉岳に登頂できなかったのは残念だったなぁ〜f^_^;ポリポリ...      


● ● ● ● ●  あめのうお (QZG04455) ● ● ● ● ●


伊能さんの山頂報告編です。

雪倉岳山頂

 
急斜面を登り切ったところで取った2度目の休憩から、谷が左右に分かれているように見える。迷ったが、傾斜の緩そうな右の方へルートを取り、一登りすると、山頂付近まで見渡せる大雪原に出た。  
先行する二人の人影が左の尾根の方にごまつぶのように見える。これから登るルートをどうとるか迷う。先行する人影を追うか、その右のカール状になっている谷を登るか・・結局楽そうに見えた、谷の方を選択し、その左側をトラバース気味に登る。  
途中で、あめのうおさんが、「自分は登れないかも・・」と伝えてくる。まあ、しんどいのはシンドイだろうが、日頃の体力からみて、少々遅れても、足を動かして登ってくるだろうと、あまり気にとめなかったのが、間違いだった。(ー_ー)  
「山頂で、登ってくるまで待っている。」と伝えれば、必ず登ってきたと思うのだが、途中で睡魔に襲われて、失神してしまったようだ。  

雷鳥(薫さん撮影)

尾根まであと少しというところで、薫さんと一息入れる。先行する人影が随分大きくなり、一歩一歩の足取りが見えてきた。下の方を見ると、シールとクトーでガンガン付いて登ってきた熟年グループのリーダーが休んでいる。あれ、あっちのルートの方が山頂まで楽そう・・と思ったが後の祭り、もう尾根に出るしかない。  
休憩で回復した力で、急斜面を登り切り、尾根に出る。あとは、だらだらとした登りだけ、一歩一歩足を動かすだけである。  薫さんは、ここで初めて見たという白色主体でちょっとまだら模様の雷鳥に感激して、写真を撮りまくり。薫さんを置いて、山頂へ向かう。  
12時、山頂着。先行していた二人以外に4、5人の人がいる。白馬から縦走(滑降?)してきたグループらしい。程なく、パルプさんが稜線上に見える。  
あいにく、ガスがかかり出し、白馬方面は見えない。小蓮華山が見え隠れするだけなのが、残念だった。  あめのうおさんの姿はいつまでたっても見えない。12時40分頃到着した、ペアに聞くと、「帽子をかぶった人が一人寝てました・・」とのこと。ありゃ・・(^ ^ゞ ポリポリ  
12時50分まで待って、姿が見えないので、滑降の準備を整える。  
山頂直下の素晴らしいゲレンデを滑り降りると、あめのうおさんが、カメラを構えて待ったいた。  
「あめちゃん、なにしてんのよ・・」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                                    伊能


ウィンドウを閉じる